No pressure, No success

群馬大学医学系研究科生体防御学分野

COVID-19により感染症を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。
我々は病原体と宿主の相互作用を理解することで、
未知の感染症に対する科学的な知見を蓄積していきます。

img_01.png img_03.png

ABOUT US

生体防御学分野を知る

ウイルスと寄生虫による感染症の病態解明に挑みます

教授:神谷亘 講師:鈴江一友、清水健太 助教:高橋龍樹 大学院生:上野栞、杉浦嘉郎、 技術補佐員:志田さん、柴さん 事務補佐員:設楽さん 共同研究員:樋本さん 内田さん

MESSAGE

メッセージ

コロナウイルス感染症に真剣に取り組みます

私たちのグループでは、ヒトから動物でさまざまな病気を引き起こすコロナウイルスを扱ってウイルスの基礎研究に取り組んでいます。その中でも、コロナウイルスの非構造タンパク質に着目して、病原性に関わる非構造タンパク質の機能解析を行うことで、コロナウイルスが引き起こす病態の解明を目指しています。対象はSARSコロナウイルス-2、MERSコロナウイルス、豚流行性下痢症ウイルスやネココロナウイルスです、さらに、コロナウイルス以外のRNAウイルスの研究も始めました。
私は酪農学園大学獣医学科にて病理学教室に所属し、卒業後は、病理学的解析手法を使いウイルス感染病態を明らかにしたいと思い、微生物病研究所ウイルス免疫分野(生田研)にて持続感染を引き起こすボルナ病ウイルスに関する研究で博士号を取得しました。博士課程終了後は、急性感染ウイルスである SARSコロナウイルスに関する研究をアメリカのテキサス大学で行いました。帰国後は、独立して研究室を主宰するチャンスをいただき、2019年10月からは群馬大学大学院医学系研究科生体防御学講座の教授として研究室を運営しています。


群馬大学医学系研究科生体防御学分野・教授

神谷亘

Reseach

研究内容を知る (ウイルス学)

ENVIRONMENT 1

 

Project 1

遺伝子操作系の確立

様々なコロナウイルスの遺伝子操作系の確立を行っています。

 

ENVIRONMENT 2

 

Project 2

ウイルスによる宿主遺伝子発現制御

ウイルス蛋白質による宿主遺伝子の発現調整機構の解明

 

Reseach

研究内容を知る(寄生虫病学)

ENVIRONMENT

研究環境を知る

ENVIRONMENT 1

 

研究室の入り口

金属っぽい看板にしました

 

ENVIRONMENT 1

 

研究室の入り口 その2

掲示板はモニターにしています。

 

ENVIRONMENT 2

 

研究室の入り口と廊下

ココから研究室がはじまります

 

ENVIRONMENT 3

 

教授室

扉が開いているときはいつでもお入りください。扉が閉まっているときは会議中の場合もありますので、ノックしてください。

 

ENVIRONMENT 3

 

ロッカー

ロッカーは各自に割り当てがあります。

 

ENVIRONMENT 1

 

居室

大学院生とスタッフの部屋です。21年度に部屋を更新しました。

 

ENVIRONMENT 1

 

居室 その2

居室の同居者

 

ENVIRONMENT 1

 

P1実験室

一通りの実験器具は揃っています。

 

ENVIRONMENT 1

 

P2実験室

細胞培養を行い、ウイルスを感染させます。

 

ENVIRONMENT 1

 

P2実験室 その2

モニター付きの顕微鏡と自動細胞数カウント機械があります。

 

ENVIRONMENT 1

 

P3実験室

この奥にP3実験室があります。安全のため監視カメラ付きです。

 

ENVIRONMENT 1

 

会議室

web会議やweb授業で使用する部屋です。

 

ENVIRONMENT 1

 

リフレッシュルーム

共用のリフレッシュルームです。大型モニター設置で研究打合せにも使用できます。

 

ENVIRONMENT 1

 

倉庫 

消耗品をストックしています。カーテンで隠せます。

 

Publications

業績を知る

  • Ujike M, Kawachi Y, Matsunaga Y, Etho Y, Asanuma H, Kamitani W, Taguchi F. Characterization of Localization and Export Signals of Bovine Torovirus Nucleocapsid Protein Responsible for Extensive Nuclear and Nucleolar Accumulation and Their Importance for Virus Growth. J Virol. 2021;95(3).
  • Torii S, Ono C, Suzuki R, Morioka Y, Anzai I, Fauzyah Y, Maeda Y, Kamitani W, Fukuhara T, Matsuura Y. Establishment of a reverse genetics system for SARS-CoV-2 using circular polymerase extension reaction. Cell Rep. 2021;35(3):109014.
  • Taniguchi M, Minami S, Ono C, Hamajima R, Morimura A, Hamaguchi S, Akeda Y, Kanai Y, Kobayashi T, Kamitani W, Terada Y, Suzuki K, Hatori N, Yamagishi Y, Washizu N, Takei H, Sakamoto O, Naono N, Tatematsu K, Washio T, Matsuura Y, Tomono K. Combining machine learning and nanopore construction creates an artificial intelligence nanopore for coronavirus detection. Nat Commun. 2021;12(1):3726.
  • Kubota-Koketsu R, Terada Y, Yunoki M, Sasaki T, Nakayama EE, Kamitani W, Shioda T. Neutralizing and binding activities against SARS-CoV-1/2, MERS-CoV, and human coronaviruses 229E and OC43 by normal human intravenous immunoglobulin derived from healthy donors in Japan. Transfusion. 2021;61(2):356-60.
  • Konno S, Kobayashi K, Senda M, Funai Y, Seki Y, Tamai I, Schakel L, Sakata K, Pillaiyar T, Taguchi A, Taniguchi A, Gutschow M, Muller CE, Takeuchi K, Hirohama M, Kawaguchi A, Kojima M, Senda T, Shirasaka Y, Kamitani W, Hayashi Y. 3CL Protease Inhibitors with an Electrophilic Arylketone Moiety as Anti-SARS-CoV-2 Agents. J Med Chem. 2021.
  • Matsuyama S, Kawase M, Nao N, Shirato K, Ujike M, Kamitani W, Shimojima M, Fukushi S. The Inhaled Steroid Ciclesonide Blocks SARS-CoV-2 RNA Replication by Targeting the Viral Replication-Transcription Complex in Cultured Cells. J Virol. 2020;95(1).
  • Kimura H, Kurusu H, Sada M, Kurai D, Murakami K, Kamitani W, Tomita H, Katayama K, Ryo A. Molecular pharmacology of ciclesonide against SARS-CoV-2. J Allergy Clin Immunol. 2020;146(2):330-1.Terada Y, Kuroda Y, Morikawa S, Matsuura Y, Maeda K, Kamitani W. Establishment of a Virulent Full-Length cDNA Clone for Type I Feline Coronavirus Strain C3663. J Virol. 2019;93(21).

RECRUIT

募集情報

博士研究員

◆受け入れ可能かどうかまずはご連絡ください

大学院生

◆医学系研究科(博士課程)詳しくはこちら
◆生命科学研究科(修士課程)詳しくはこちら

学部学生

◆いつでも研究室に来てください。

共同研究

◆まずはご連絡ください。

勤務地

群馬県前橋市 昭和キャンパス5F

必要な資格

◆大学院生にはウイルスの取り扱いの基本から指導します。実験がうまくいかないとき、適切に軌道修正するのが指導教員の仕事です、まずは手を動かしてみてください。
◆学部学生には、個人の予定に合わせて実験に参加してもらいます。
◆◆最後にすべての人に望むこと「挨拶」

BLOG

研究室ブログ

[%title%]

[%category%]

[%new:new%] [%article_date_notime_dot%]